やつしろ法律相談

最近、毎日といっていいほどの自動車事故の痛ましいニュースを目にしますね。今回は、自動車保険(任意保険)の弁護士費用特約についてお話します。

********

交通事故が起きた後には必ずといっていいほど補填(損害保険)の問題が発生します。事故当事者の双方にどのような損害が発生しているのか、過失の割合はどうかなど、解決しなければならない問題がたくさん出てきます。このような問題の可決について弁護士に相談や依頼をするときには弁護士費用がかかりますが、その弁護士費用を保険で出してもらえるようにするのが弁護士費用特約です。

特約を付けていると、通常、弁護士に相談する際の相談料は10万円まで、事件を依頼する際の着手金は300万円までを保険で支払ってもらうことができますので、ほとんどの場合、弁護士費用を手出しする必要はありません。損害の額が比較的小さい場合でも、費用倒れになる心配をすることなく弁護士に相談や依頼ができます。また、ご自身が保険をかけていなくても、同居のご家族などが弁護士費用特約付きの任意保険を掛けているときには、その保険で弁護士費用の支払いを受けることができる場合もあります。なお、弁護士費用特約をつかって弁護士に相談や依頼をしても、その後の保険料が上がることはないというのが通常です。

現在、自動車保険(任意保険)を掛けている多くの方は弁護士費用特約を付けていると言われていますが、実際に事故が起きた時に特約を使って弁護士に相談・依頼をする方の割合はまだまだ小さいように感じます。これを機に弁護士費用特約のことを知っていただき、万が一の事故の際には、弁護士費用特約が使えないかを確認してみてください。

また、交通事故は起こそうと思って起こすことは稀で、多くの場合は何らかの不注意で起きるものです。車を運転する方は、いつ自分が加害者になってもおかしくはないという意識をもっておく必要があります。

そして、ご自分が加害者となってしまった場合に、被害者に対して十分な賠償を行うことができるように、また、ご自分のその後の生活を守るために、しっかりと対策をとっておくことが必要です。自賠責保険だけではなく、任意保険(できれば弁護士費用特約付き)の加入をお勧めします。

監修/八代綜合法律相談事務所 弁護士
髙橋 知寛 先生

法律に関するご相談は…

八代綜合法律事務所
〒866-0863 熊本県八代市西松江城町2-8
TEL:0965-33-1327

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です