主夫ぽん太のアメリカ便り Vol.44

やつしろぷれす 主夫ぽん太のアメリカ便り

「コロナ・トランプ・大統領選」

おそらく読者の皆さんには私が今どういう気持ちかお分かりいただいていると思います。なのであれこれ書くつもりはないんですが、一言だけいいですか?トランプ引きずり下ろしたああああああああああああ!!!!!

良かった。マジで良かった。ホントに大変だったけど、みんなでトランプを引きずり下ろしましたよ。あ~ホッとした、助かったあ、という気持ちです。まさに地獄の4年間でした。アメリカという国がぶっ壊れなくてマジで良かったです。

それにしてもこの2020年の密度の濃さですよね。コロナで始まって、東京オリンピックは延期になるし、アメリカでコロナ死が24万人超えるし、大統領選で大モメするし、で。私達のアメリカでの生活スタイルもすっかり変っちゃって、レストランに行けない、宴会できない、握手できない、ハグできない、でしょ。うちの子ども達も見た目は元気でやってますが、友達にはあんまり会えず、夏は八代にも帰れなかったわけですよね。結構精神にきてると思うなあ。

ちなみに子ども達に今年一番嬉しかったことと悲しかったことを聞いたら、「嬉しかったのはトランプが負けたこと」「悲しかったのは八代のばあちゃんに会えなかったこと」だそうです。私もそうかなあ。今年は自分自身の感情のアップ&ダウンも激しすぎて、精神が麻痺してますね。まあアメリカに住んでる私は、この国のコロナ対応の悪さで基本的に一年中キレまくってましたけど(でも大統領選で超ハッピーに)。

ホントに大変な1年でしたが、家族4人なんとか生き抜くことができました。新大統領就任式の来年1月20日までトランプがまたナニしでかすか分かりませんが、みんなで平和な新年を迎えられるよう、心の底から願ってます。

筆者:竹永浩之

八代市出身。八代小→一中→南校(現:清流高校)→沖縄の大学へ(小中高時代のあだ名はぽん太)。

沖縄で海の仕事に従事→アジア放浪→渡米。メディアで働いたあと主夫に。

アメリカ人のかみさんと息子2人の4人家族。米国・ニュージャージー州在住。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です