やつしろ法律相談

やつしろぷれす やつしろ法律相談

【会社の出口戦略】

「会社の出口戦略」の手法は下記の5つしかありません。

  1. 株式上場
  2. 事業承継
  3. M&A
  4. 清算・廃業
  5. 倒産

今回は「会社の出口戦略」のうち、M&Aについてお話します。

M&Aは、自社を他の会社に譲ることです。現在は事業承継の手法として増えてきている手法であり、下手に事業承継をしたくない息子や娘に無理やり継がせるよりも、経済的基盤もしっかりしている会社に売った方が、現経営者や社員にとっても幸せな一面もあると言えます。

以下に、当事者毎のM&Aのメリット・デメリットについて挙げてみました。(●…メリット ●…デメリット)

経営者

上場企業など大手企業に買収された後も、リストラされず継続的に経営者として経営できた場合は、資金力があるため事業が進めやすくなる

個人保証や担保を外せる可能性がある

後継者候補者も多くなり、廃業することなく会社を存続させることができる

買収した会社から経営者が派遣されることも多く、社長交代させられる

買収した会社との異なる企業風土を融合させるのにじかんと【会社の出口戦略】

取引先

上場企業など大手企業に買収された場合、会社の与信が良くなる

取引規模が拡大する可能性がある

買収した会社の方針によっては、取引の見直しが行われる可能性がある

買収した会社の与信が良くないと、取引に支障をきたす恐れがある

金融機関

上場企業など大手企業に買収された場合、会社の与信が良くなる

取引規模が拡大する可能性がある

多様なビジネス提案ができるようになる可能性がある

買収した会社の方針によっては、取引の見直しが行われる可能性がある

メインバンクとしての地位を失うことがある

 

M&Aも、あくまでも「会社の出口戦略」の1つでしかありません。何が経営者にとって、周囲の人たちにとって、地域にとってベストな方法かは、会社の置かれている状況によって全く違いますので、経営者が考え抜く必要があると思います。

________

法律に関するご相談は…

弁護士法人 Si-Law

〒866-0863 八代市西松江城町4-30
TEL:0965-62-8582

監修/弁護士法人 Si-Law 西田幸広先生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です