ステキな彼女

このコーナーではイキイキと輝く女性にスポットをあててご紹介します。

【 File 9 】
木原 有紀 さん
おもちゃコンサルタントマスター
『うーたん~おもちゃの森~』オーナー 50才

 

木原さんは北九州市·小倉生まれ。
大学時代に知り合ったご主人の仕事の関係で13年前に八代に越してきた。
木原さんの大学時代の専攻は文学部ドイツ語ドイツ文学科。
そうした経歴を持ちながら、今では八代唯一の“木のおもちゃ”にこだわったお店のオーナーだ。

「結婚して東京に住んでいた頃、木のおもちゃの店で働いたことがきっかけでした。
そこの店長さんから木のおもちゃについての話をゼミのように教えてもらいすっかり虜 になりました。」
木のおもちゃの、子どもの発達支援に繋がる考えに基づいた設計や仕組みを学んでいくうちに、自分の店を始めたいという想いが募り、八代に引越したことを機に今の店舗を構えることとなった。

 

「おもちゃとは“家族全体の生活道具”。大人が楽しめるものを、子どもと一緒に遊ぶことで子どもの成長に繋がります。大人が目を輝かせて子どもと一緒に遊んだ時の充実感が、子どもに自尊心を芽生えさせるんです。」と木原さん。
おもちゃの発祥はドイツと言われていて、ドイツの手作りの温かみ溢れる木製のおもちゃは、家族代々使えて家族の歴史も伝える文化財なのだという。

修理をしながら長く大切に使えるようなおもちゃを選んでくれたら、という木原さんの想いが詰まった『うーたん』。
いま木原さんは、「おもちゃの広場」というイベントを八代市内の図書館講座など市内外各所で開催し、おもちゃの素晴らしさを多のお母さん達に伝える活動も精力的に行っている。

「ドイツ語を専攻した私が、ドイツ発祥のおもちゃに携わるようになったのも何かのご縁。すべてが無駄ではなく、どこかで繋がっていくんだなあと感じています。」

   

うーたんおもちゃの森

住所:八代市通町6-46
電話: 080-6429-9565
HPアドレス http://utan.otemo-yan.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です