村ガール桃子の今日も坂本日和

村ガール桃子の今日も坂本日和 ♯11

坂本町の鮎帰という地域に、標高300mほどの秘境に佇む集落、『 日光(にちこう)』地区があります。ここには日本の棚田百選のひとつである何とも景観の美しい棚田があるのですが、実はここの棚田、現在はほとんどが休耕田になっています。
というのも、日光地区もここ数年で限界集落となり、棚田のお米作りをする人がいなくなりつつあります。

棚田には人が歩くのがギリギリの狭いあぜ道しかなく、作業をするのも至難の業。もちろん、トラクターなど大きな機械も入りません。
体力も忍耐力も必要な米作リは、全て昔ながらの手作業で行います。若い人がいればいいのですが、集落で暮らしているのは、70歳を超えた足腰が弱った高齢者ばかり…
そんな現実を知ってもらいたくて、1年ほど前に、ここの棚田てピニックの催しを行いました。
棚田は驚くような場所にあるので、人が集まるかとても心配でしたが、当日は町外や県外からもたくさんの来場がありました。

そんな『 日光棚田ぴくにっく 』の第2回目を、3月11日(日)13時半より開催することになりました!
棚田をステージにみたてたアコースティックライブや、この日限定の〈 棚田カフェ 〉などがあります。ちょうどこの日は東日本大震災から丸7年を迎えるので、“生きる力を身につける“をサブテーマにして、地元のじいちゃん&ばあちゃん達から、正しい火起こしの仕方や藁の練り方も伝授していただきます!

美味しい空気を吸って、鳥のさえずりを聴きながら、棚田の風景を眺めてゆっくり過ごすことなんて普段の生活ではめったにできません。
入場は無料ですので、ぜひみなさん気軽に遊びにきてください!
また、午前中は〈 日光棚田フットバス 〉も行います。こちらもお見逃しなく!
詳しくは、「はちりゅういずむ」で検索を♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です