やつぷれトピック

日本語習得の学習成果を発表!『外国人によるスピーチ大会』開催

●主催:地域日本語やつしろクラブ

●日時:平成31年2月24日(日)  ●場所:やつしろハーモニーホール

「地域日本語やつしろクラブ」は、八代市在住の外国人へ向けた日本語習得を支援しているボランティアグループです。2010年の発足以来、毎年開催している『外国人によるスピーチ大会』の第7回大会が2月24日(日)、やつしろハーモニーホール3階の大会議室で行われました。

このスピーチ大会は、日本語を習得するために日々努力している外国人の方々の1年間の学習成果を発表する場です。当日、会場には多くの観覧者が訪れ賑わいを見せていました。

同大会に参加した発表者は12名で、出身国は中国、マレーシア、ベトナム、タイ、インドネシア、カナダ、アメリカ、日本の8ヶ国。留学生をはじめ就農労働生や技能実習生、ALT(英語指導助手)などさまざまな分野で職業に従事したり勉学に励んでいる中で、日々感じている母国と日本の生活文化の違いや、故郷にいつ家族への想い、将来の夢についてなど各々がテーマを掲げ、ひとり3分間の持ち時間をフルに使って一生懸命スピーチしていました。

発表会後は茶話会が催され、発表者と観覧者、主催者側スタッフなどがお茶を飲みながら話をして交流を深め、会場はとても和やかな雰囲気に包まれていました。

主催の地域日本語やつしろクラブではボランティアスタッフを募集しています。日本語支援に興味のある方ならどなたでも参加できますお問い合わせは電話 0965-35-4285(代表:内山和代さん)まで。

八代産の柚子を使ったアイス『柚子の泉が販売開始』

●主催:八代よかとこ物産館、九州産業大学 食品開発研究会

●日時:平成31年3月24日(日)  ●場所:八代よかとこ物産館

3月24日(日)、八代よかとこ物産館入り口にて八代産の柚子を使ったアイス『柚子の泉』の試食販売会が行われました。

『柚子の泉』は、九州産業大学(福岡市)の生命科学部を中心とするサークル「食品開発研究会」、千葉県にある企業「株式会社食品計画」と八代市がコラボして作り上げた新食感のアイスクリームです。この日は、レシピ開発に携わった生命科学部の学生と、パッケージやポスターをデザインした芸術学部の学生が店頭に立ち、物産館へ訪れた地元の方々と交流しながらアイスクリームを振舞いました。

『柚子の泉』は無添加にこだわり”高級・天然・癒し”をキーワードに開発をスタート。柚子果汁の配合に独自のノウハウを持つ、(株)食品計画の協力を得て、柚子の風味が引き立つ配合率を求めてテストを繰り返し、後味まで柚子感が残るアイスのレシピを開発したそうです。

ひと口食べれば柚子の味わいが口いっぱいに広がる爽やかな印象を与えてくれますよ。とっても美味しいこのアイスは、八代よかとこ物産館やアイス専門のインターネットサイト『アイス天国[
http://www.ice-tengoku.com/ ]』にて好評販売中。ぜひ一度ご賞味ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です