マネープラン&コーチングスキル

今月のテーマ:『キャッシュレス決済①』

~消費税増税とキャッシュレス決済~

いよいよ今月から消費税が10%になりましたね。軽減税率で10%だったり8%だったりと少しややこしいですが、今回から巷でよく耳にするキャッシュレス決済について書いていこうと思います。

まず、今回の増税は“店頭でキャッシュレス決済をするとポイントを還元しますよ”という経済産業省主導のキャッシュレス・消費者還元事業のポイント還元制度です。

簡単に言うと「消費税を増税するんだけども、お店では現金ではなく、キャッシュレスで支払ってくれたら5%もしくは2%のポイントを還元するから増税のダメージがないですよね。むしろお得ですよね?」と言うことです。ここにはキャッシュレス決済の普及を狙っての政府の考えがあります。ただし、このポイント還元制度には期間が決まっていまして、2019年10月~2020年6月までの期間限定です。

また、使えるお店も決まっていて、この還元事業に登録申請した中小企業と個人事業主のお店です。使えるお店にはキャッシュレスマークのシールが貼ってあります。コンビニのフランチャイズ店舗は2%のポイント還元です。直営店の場合、ポイント還元はありません。

使えるキャッシュレス決済の種類は、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、電子マネー、QRコードとなっています。そしてポイント還元方法もそれぞれにことなります。

①ポイント付与・・・通常ポイント(もしくは専用ポイント)や電子マネー残高に上乗せでチャージして還元する方法。(主にクレジットカードや電子マネーなど)

②引落相殺・・・口座から引き落とす際に、ポイント相当額を請求額から相殺する方法(主にクレジットカード)

③口座充当・・・少なくとも1ヶ月以内の期間ごとに口座にポイント相当額を付与する方法(主にデビットカード)

④即時充当・・・購買時に、即時、購買金額にポイント相当額を充当する方法(一部QRコード決済や、コンビニなどでのキャッシュレス決済時)

次回はいよいよキャッシュレス決済、中でも今話題のQRコード決済について書いていきたいと思います。

「キャッシュレス・ポイント還元事業」対象店の目印。一般の中小店舗で商品をキャッシュレスで購入すると5%、コンビニなどのフランチャイズチェーンやガソリンスタンドでは2%の還元を受けることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です