菜雨理のLondonなう vol.7

やつしろぷれす 菜雨理のロンドンなう

今回は『ロンドンおすすめの眺め』についてお送りしたいと思います。実はロンドンがあるイングランド地方には山がありません!ですから、山頂からの眺めというのはご紹介できまないのですが、高いところからの景色を楽しめる場所はいくつかあります。

まず、一番のおすすめは【セントポール大聖堂】のドームに登った時の眺めです。次に、かなり穴場だと思うのですが【ロンドン大火の記念塔】もおすすめです。1667年に建てられた塔ですので、狭い螺旋階段をぐるぐると311段登ります。目が回りそうですが、頑張って登った街の眺めはとても清々しく、きれいです。私はここへ息子3人を連れて三男(当時1歳半)は抱っこして登ったのですが、係の人に心配されながらどうにか辿り着けました(笑)。

入場料が高くてまだ登っていませんが、【ザ・シャード】というヨーロッパで一番高いビルもあります。形が斬新で、先が尖ったビルです。その他には、スカイガーデンというところからの眺めもなかなか良いです。このビルには相性があって“ウォーキートーキー”と呼ばれています。入場無料というのも魅力のひとつで、予めオンライン予約をすると、スムーズに入ることができます。

ロンドン以外のイギリス都市にも、高いところからの眺めを楽しめる場所があるようなので、機械があれば是非訪れてみようかと思っています。

________

筆者:荒関 菜雨理 ●あらぜき なうり 

八代郡氷川町(旧宮原町)出身。宮原小→氷川中→八代高校→長崎の短大へ。短大卒業後、交換留学でイギリス・チチェスター大学に留学。
修了後、いったん地元に戻り臨時採用で中学校で英語講師をするが、結婚を機に再び渡英。
在英10年目。自営業の夫(日本人)と息子3人(8才、4才、2才)の5人暮らし。息子3人の子育てに日々奮闘しながらロンドンで生活中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です