主夫ぽん太のアメリカ便り Vol.36

やつしろぷれす 主夫ぽん太のアメリカ便り

「さて、コロナです」

やっぱり新型コロナの話になっちゃいますよねえ。皆さんがこの文章をお読みになってる頃、アメリカがどうなってるか想像もつかないんですが、私的にはものすごく嫌な予感がするんですが。かなりの数の感染者やそれに伴う死者が出てるんじゃないかと思って。

私、今回つくづく呆れちゃったんですけど、アメリカ人ってホントにマスクしないんですね。「マスク=病人がするもの」という考え方で、結果として自分のことを病人だとみられるのが嫌だから、誰もマスクしないと。マスクをしたらしたで白い目で見られるんです。

私もマスクしてNYの街を歩いたことあるんですが、結構からかわれましたね。マスクしてるだけなのに、ぶん殴られる人もいるんですよ。アメリカ人、バカですよねえ。

今、アメリカのスーパー等でも買い占め騒ぎが起きてますが、お客さんがマスクなしで店に押し寄せてるんです。それ、あぶないって。で、アジア人見たら、コロナ持ってると思って避けようとするでしょ。「あぶないの、マスクしてないアンタたちじゃん!」って話なんです。

ただ今回のコロナ騒ぎで、アメリカ人もとうとうその「マスクイヤイヤ病」を克服せざるを得ないよね、と私は思ってます。今は写真のように、まだみんなマスクしてませんが、この号が皆さんのお手元に届く頃には、たくさんのアメリカ人がマスクしてる姿をテレビやネット等で見られるようになってるかも。ていうか、そうなっててもらわないとマジで困るんですね。

アメリカ人の皆さんにはぜひこの機会に日本や中国、韓国を見習って、マスクが必要な時にはキチンとマスクできる国民に成長してほしいです。お願いしますよ、ホント。

者:竹永浩之

八代市出身。八代小→一中→南校(現:清流高校)→沖縄の大学へ(小中高時代のあだ名はぽん太)。

沖縄で海の仕事に従事→アジア放浪→渡米。メディアで働いたあと主夫に。

アメリカ人のかみさんと息子2人の4人家族。米国・ニュージャージー州在住。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です