菜雨理のLondonなうvol.14

やつしろぷれす 菜雨理のロンドンなう

皆様いかがお過ごしでしょうか。イギリスはステイホームの期間が長くなり、日々家でできることでいかに子ども達を飽きさせないようにするかを模索する毎日です。

今回は写真を多めに載せ、ロンドン観光した気分になって頂ければと思います。どなたかの暇つぶしや話のネタになってくれたら嬉しいです。

ロンドンにはたくさんの博物館がありますが、今回は「自然史博物館」をご紹介します。この博物館は、常に長蛇の列ができていて大人気なのですが、恐竜から地球のことまで7,000万点以上の展示物がとても魅力的に展示されています。建物自体も素晴らしく、実写版映画『パディントン』でも舞台として使われました。

やつしろぷれす ロンドンなう

筆者:荒関 菜雨理 ●あらぜき なうり

八代郡氷川町(旧宮原町)出身。宮原小→氷川中→八代高校→長崎の短大へ。短大卒業後、交換留学でイギリス・チチェスター大学に留学。修了後、いったん地元に戻り臨時採用で中学校で英語講師をするが、結婚を機に再び渡英。/在英10年目。自営業の夫(日本人)と息子3人(8才、4才、2才)の5人暮らし。息子3人の子育てに日々奮闘しながらロンドンで生活中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です