マネープラン&コーチングスキル

今月のテーマ『 資産運用 その⑥ 』

~証券口座開設 ①~

前回までは投資信託の基本について書いてきました。今回からは、証券口座の開設について書いていきます。
投資信託は証券会社や銀行の窓口で購入することができます。その他にもネット証券やネット銀行等があります。窓口の場合は午後3時までですが、ネット証券やネット銀行は平日の夜も週末でも情報を見たり、手続きができたりするので便利です。
そして、投資信託を購入するには、これらの場所で証券口座を開設しないといけません。

ここで1つ注意することがあります。それは証券会社や銀行によって販売している投資信託の商品が違うということです。つみたてNISA対象の投資信託商品は140本くらいありますが、つみたてNISAの証券口座は1つしか開設できません。A証券ではA、B、C、D、Eと5つの商品が購入できるのに、B証券ではFのみといったこともあります。ここがつみたてNISAにおいて悩ましいところです。色々調べて商品を絞り込んでいった時に、欲しい商品がA,B,Cの3つになったとします。このA,B,Cの商品を販売しているのがそれぞれAはA証券、BはB銀行、CはC証券だった場合には、どれか1つを選ばないといけません。Aを選んだ場合にはA証券で口座を開設することになるので、Aの投資信託商品だけがつみたてNISAの非課税制度を受けることになります。

基本的に証券口座自体はいくつも開設することができるので、好きな投資信託を購入することができますが、つみたてNISAの非課税制度を使える証券口座は1つだけです。自分の欲しい商品が全て1つの証券会社や銀行で販売していれば、それがベストですが、なかなか全てが揃っているというのはありません。まずは自分の欲しい商品は何か、そしてそれを販売している証券会社、銀行はどこかを調べていくことがポイントです。そして、証券会社・銀行の窓口やネット証券、ネット銀行でそれぞれ手数料が違います。そこの部分も考慮してどこで証券口座を開設するのかを選ばないといけません。 どこで開設するのがいいのか?続きは次回でお話しします。お楽しみに!

講師・・・

有限会社Prime1 代表取締役
Next Stage 代表
伊藤 慶輔さん

損害保険、生命保険の代理店を経営するかたわら目標達成コーチとして企業や商工会にてモチベーションアップやコミュニケーション、相続等のセミナーを多数行う。

有限会社Prime1
〒866-0852 熊本県八代市大手町2丁目2-18
TEL:0965-39-3156

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です