やつしろの働くひとVol.51

やつしろぷれす やつしろの働くひと

健康に暮らそう! 体を大切に たんぽぽを商品化

八代市在住、山並豊さん(82才)。人吉高校卒業後、段ボール会社で営業職などを経て、独立。現在は、保育教材を取り扱う『株式会社城南学習社』を経営する傍ら、栄養豊富なたんぽぽに着目し、無農薬栽培で育てたものを加工・販売している。

他社商品と比較しても、栄養の高さは実証済。「まるごとおいしい たんぽぽコーヒー」(25g入り・2,700円)

健康効果に驚愕 挫折を経て商品誕生

 黄色の愛らしい花「たんぽぽ」には、高い栄養効果があるのをご存じでしょうか? そこに着目し、2012年から栽培に乗り出した山並豊さん。出会いは、亡き妻の病気がきっかけだったそうです。知り合いにたんぽぽの根で作った商品を勧められ、試したところ、自らが健康面での変化を実感しました。

根は、「蒲公英根(ほこうえいこん)」と呼ばれる漢方薬にも使われるほど栄養が豊富で、体を温め、血流を促し、老廃物を排出する効果があると言われます。たんぽぽの栄養に魅せられた山並さんは、農業未経験ながら栽培をスタート。「当初は種を撒いても芽が出ず、やっと芽が出たと思ったら、根が短かったりして失敗続きでしたね」。

そんなとき、就寝中に見た夢で栽培方法を告げられ、試してみたところ成功。嘘のような本当の話で、栽培が軌道に乗ったそうです。念願のたんぽぽの根を使った商品『まるごとおいしい  たんぽぽコーヒー』は、こうして5年がかりで完成しました。

市内に5箇所の畑を借り、たんぽぽを栽培中。4月と11月になると黄色い花が一面に開花

栄養丸ごと飲んで 日々の健康維持に

 たんぽぽは、年に2回種まきをし、無農薬栽培で育てたのち、収穫した根を洗浄して天日干し。その後、焙煎したものが自慢の商品に生まれ変わります。たんぽぽの根を無駄なく丸ごと粉末状にし、栄養をとじ込めてあります。

 飲み方は、いたって簡単。お湯(もしくは、お水)を注ぐだけで、時間を待たず完成です。商品名にはコーヒーと名がつきますが、原料にはコーヒー豆は使用されておらず、ノンカフェインなのも嬉しいポイント。クセのない味わいで、お子様からご年配の方まで幅広く楽しめる商品です。

 「私は、食事のたびに1日3回飲用中。日々の健康づくりのためにも、習慣化して飲んでいただきたいですね」。御年82才とは思えないほど、若々しさが溢れる山並さん。たんぽぽ栽培にかける情熱も人一倍。現在も毎日、畑に出て草取りなどに励んでいるそうです。今年は長雨の影響で、ほとんどのたんぽぽが枯れてしまったそうですが、それでも「八代産のたんぽぽを使った商品を広く普及していきたい!」と意欲的。地元の大地が育んだやさしい味わいの『たんぽぽコーヒー』で、健康生活&リラックスのひと時を!

今年の栽培は長雨の影響でほぼ全滅。自然相手の仕事は、根気も必要
ドラム缶を改造して作った洗浄機。これで、たんぽぽの根を収穫後、キレイに洗い上げるそう
お湯や水に溶かして飲むだけで、食物繊維、鉄、カルシウム、カリウムなどの栄養素を手軽にとることができる

問い合わせ】

株式会社城南学習社

TEL0965-34-1231
www.koubokun.com/item/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です