村ガール桃子の今日も坂本日和

さて、4月号です!これまで『村ガール桃子の今日も坂本日和』を読んでいただいた皆さま、ありがとうございました!今回で最終回となります。やつしろぷれすが創刊された2017年5月より連載を始め、あっという間の2年間でした。これまで坂本のいろんな地域・集落の行事や出来事、祭り、歴史、建物、文化などをご紹介させていただきました。

製紙工場があった時代、坂本の人口は1万8千人を超えていました。現在の約5倍です。坂本からたくさんの方が八代の街の方へ移り住み、今の八代をつくっています。きっとルーツが坂本にあり、これまで紹介したことの中に懐かしさを感じた方も多くいらっしゃったのではないでしょうか。

“坂本村”から“坂本町”となり、八代市の一部となった坂本。だけどまだまだ坂本に足を運んだことのない八代の方も多いと知り、私は皆さんがもっと坂本を身近に感じてくれたらなぁと日々願っています。

私たちは普段、自分のちには「何もない」と嘆き、どうしても遠い地域やキラキラ輝いてみえる場所へ出かけてしまいます。それはとっても大事なことだと思います。だけど、遠くへ行かなくたって毎日通っていて見向きもしなかった場所に、実はものすごく素敵な出会いや宝物が眠っていたりすることもあるのです。いつもとちょっとだけ視点を変えて自分のまちを探ってみると、また素晴らしく新しい人生が待っているかもしれません。私はそんな風に、毎日旅する気持ちで坂本に暮らし、日々を過ごしてきました。

このコラムは終了しますが、私の坂本での旅はまだまだ続きます。皆さんも旅するように、自分のまちで楽しく暮らしてみてくださいね。そしていつも片手には、やつしろぷれすを忘れずに…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です