主夫ぽん太のアメリカ便り Vol.39

やつしろぷれす 主夫ぽん太のアメリカ便り

今のアメリカをよく見てほしいです

まずコロナ情報を。今日現在(6月15日)、アメリカのコロナ感染者数は約220万人、死者数は約12万人です。やつぷれ5~6月号でご報告した数字も合わせると、感染者数:58万人→140万人→220万人、死者数:2万4千人→8万4千人→12万人と推移しています。死者数の伸びが鈍化しているのは良いニュースなんですが、夏休み中に15万人ぐらいまでいくんじゃないかと言われてます。15万人ですよ。約半年間で、八代の全人口と同じ数の命が消えるんですよ。マジかよ、アメリカ。

それに加えて、今アメリカでは黒人差別反対運動が広がってますよね。これも当たり前というか、私に言わせれば「いつまで黒人差別やってんだよ!」という話です。黒人の奴隷制度が始まって、もう400年も経ってるのに、い・ま・だ・に黒人差別。他の国には人権がどうのこうの言うくせに、自分の国では警官が黒人殺してるわけでしょ。「いい加減にしろ!」って感じです。

やつしろぷれす 主夫ぽん太のアメリカ便り

そうなんです。アメリカという国はしょーもないところがたくさんあるんです。同時にものすごく素晴らしいところもたくさんあります。今はそのしょーもない部分がドッと出てるんですね。

日本人ってどうしてもアメリカを上に見ちゃう傾向がありますよね。いつもアメリカの後ろを追いかけてる的な。でも実際は、アメリカにもしょーもない部分がたくさんあって、日本人からしたら「あんたたち、バカなん?」って言いたくなることが多々なんです。

だから日本人はもうアメリカの事を下から見るんじゃなくて、横並びで見て良いと思うんですね。お互いに良いとこもあるし、悪いとこもあるんだから。

今はアメリカの悪い部分がじっくり見れるまたとない機会です。そしてアメリカがそれをどう変えるかにぜひ注目してほしいですね。

 

やつしろぷれす 主夫ぽん太のアメリカ便り筆者:竹永浩之

八代市出身。八代小→一中→南校(現:清流高校)→沖縄の大学へ(小中高時代のあだ名はぽん太)。

沖縄で海の仕事に従事→アジア放浪→渡米。メディアで働いたあと主夫に。

アメリカ人のかみさんと息子2人の4人家族。米国・ニュージャージー州在住。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です