やつしろの働くひと Vol.68

やつしろぷれす やつしろの働くひと

(株)松田筆正社
松田浩典さん

お客様の想いを 街の風景として残す 屋外広告士という仕事

八代市出身。氷川町在住。松田浩典さん(51歳)。八代高校卒業後、東京の日本工学院専門学校で美術を専攻。デザイン事務所や編集プロダクションを経て、28歳でフリーランスに。2006年に帰熊。妻、3人の子どもの5人家族。

看板猫のカムくん(14歳・♂)がお出迎えしてくれますよ。

母が見出してくれた才能 心が満たされるコトを生業に

 会社や店舗、公共施設などに掲げられる看板。街の風景の一部として記憶に残る屋外広告の数少ない作り手として活躍する松田さん。「高校の授業で描いた絵を見た母が、“あなたには絵の才能がある”と掛けてくれた一言が自信となり、美術の道に進むきっかけとなりました」。東京の専門学校へ進学して美術を学ぶ中、「集中して緻密な作業をしているときが、一番心が落ち着き、満たされる」と感じたそう。「これを生業にできればいい」と思うようになりました。卒業後は、通販カタログ制作や編集プロダクションで雑誌づくりを経験。「尊敬する師や切磋琢磨する仲間との出会いに恵まれ、グラフィックデザインのおもしろさや、社会人として大切なことを教わりました。毎日多忙でしたが、学生時代に出会った妻に支えてもらいました」。

 その後フリーランスに転身し、デザインの仕事を継続していましたが、2001年に長女が生まれ、フリーランスで生計を立てる難しさを感じていました。時を同じくして兄が他界。「今後の人生について深く考えた末、熊本に戻り、次の人生を歩むことを決意しました」と振り返ります。


公共施設や学校、企業など、様々な屋外広告の制作を手掛ける同社。デザイン、制作、現場取り付け、電気工事などを一手に担います。

創業75年の歴史、時代を象徴する 100年先につながる企業を目指して

 松田さんの実家は、創業75年の屋外広告を手掛ける会社。祖父の代には手書きだった看板も、今ではデジタルを駆使したものに変わりつつあります。「祖父の時代に、手書きで作った料亭の看板が残っています。一文字一文字に命が吹き込まれているのを感じます」と松田さん。祖父や父の代で築いてきた技術を継承しながら、新しいモノを取り入れていくことで、松田さんらしい屋外広告を創り上げています。

 ポスターや看板、ロゴデザイン制作などを手掛ける中で、いつも心に留めているのが、“商業デザイン”の基本。お客様の想いを汲み、その想いを一般の人が見た時にどう感じるか。そのデザインが街の風景に溶け込んだときどう見えるかー。三者が重なり合ったときに、人々の心に残り、時代を象徴するモノになるのだと言います。「街には素敵な看板がたくさんあります。作品としての看板散策も楽しいですよ」と松田さん。

先代から受け継いだ技術と、それを支えてくれる街に感謝し、「100年後につながる企業を目指します」。

創業当初の松田筆正社。
祖父が制作した料亭の看板も大切に保管されています。

「職人として一緒に働いてくれる若者を募集しています!」

●お問い合わせ:(株)松田筆正社
TEL:0965-32-4038
住所:八代市松江城町3-12
HP https://www.hisseisha.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。